EC売上アップ! EC事業者必見のマーケティングに関する論文9選【後編】

EC売上アップ! EC事業者必見のマーケティングに関する論文9選【後編】

EC売上をアップさせるには

現代社会では、商品やサービスがコモディティ化しており、機能面だけでは顧客を獲得するのが難しくなっています。そのため、EC事業者は、商品やサービスの付加価値を高め、差別化を図る必要があります。マーケティングは、商品やサービスの差別化に必要な要素を提供するため、EC事業者にとって非常に重要な分野です。

論文を用いた学習は、EC事業者にとって最新のトレンドや洞察を提供するために役立ちます。論文は、専門家によって執筆された信頼性の高い情報源であり、最新の市場分析や消費者行動のトレンド、最適なマーケティング戦略の策定方法などを提供しています。

また、マーケティングを論文を用いて学ぶことは、競合優位性を獲得するために必要な要素を提供することができます。競合優位性を獲得するためには、自社の商品やサービスを差別化する必要があります。論文を用いた学習は、EC事業者が自社の商品やサービスを差別化するために必要な知識やスキルを習得することができます。

Relationship marketing in consumer markets: Antecedents and consequences(消費者市場におけるリレーションシップマーケティング:先行要因と結果)

概要

Relationship Marketingとは、企業が顧客と長期的な関係を築くことを目的としたマーケティングのことです。一度商品を買ってもらうだけでなく、顧客にとって価値のある体験を提供し、長期的な顧客ロイヤルティを構築することが目的です。

消費者市場におけるRelationship Marketingの先行要因とその結果について議論されています。先行要因とは、ある現象が生じる前に起こる要因のことです。つまり、この論文では、企業がRelationship Marketingを実施する前に考慮すべき要因について説明されています。

論文では、以下のような先行要因が示されています。

・顧客満足度:顧客が商品やサービスに満足しているかどうかは、長期的な顧客ロイヤルティを築くために非常に重要です。企業が顧客に価値ある体験を提供し、顧客満足度を高めることが、Relationship Marketingの成功につながると論文では述べられています。

・信頼:顧客が企業に対して信頼を感じることも、長期的な顧客ロイヤルティを築くために非常に重要です。企業は、顧客に対して正直かつ誠実に接することで、信頼を築くことができます。

・コミュニケーション:企業と顧客の間で行われるコミュニケーションも、Relationship Marketingの成功につながる要因の一つです。顧客からのフィードバックや問い合わせに迅速に対応することで、顧客との関係を強化することができます。

以上のように、顧客満足度、信頼、コミュニケーションは、Relationship Marketingを実施する前に考慮すべき先行要因として論文で示されています。

論文では、これらの先行要因がRelationship Marketingの結果にどのような影響を与えるかも説明されています。例えば、顧客満足度が高い企業は、リピート購買率や口コミの効果が高く、長期的な顧客ロイヤルティを築きやすいとされています。また、顧客との信頼関係が高い企業は、顧客からの情報共有やプライバシー保護に対する懸念が低く、顧客からの情報収集や顧客に合わせたサービス提供が可能となります。コミュニケーションに関しては、顧客との対話によって顧客のニーズや希望を把握し、それに合わせたサービス提供や商品開発を行うことができるとされています。

論文では、以上のような先行要因と結果の関係を説明する理論モデルが提唱されています。このモデルを用いることで、企業がRelationship Marketingを実施する際にどのような要因を重視すべきか、またどのような結果が期待できるかを分析することができます。

EC事業者の活用方法

現代のマーケティングでは、競合が激化し、新規顧客獲得が困難になっているため、既存の顧客を維持することがますます重要になっています。このような状況下で、Relationship Marketingが注目されています。この論文によって、Relationship Marketingを実施するためにはどのような要因が重要か、またその結果はどのようになるかという点が明確になり、マーケティング戦略の立案に役立つことが期待されます。

Relationship marketing in consumer markets: Antecedents and consequences(消費者市場におけるリレーションシップマーケティング:先行要因と結果)

Evolving to a new dominant logic for marketing(マーケティングのための新しい主導的論理への進化)

概要

マーケティングにおける新しい支配的論理の発展について論じたものです。従来のマーケティングの枠組みに限界があり、新しいアプローチが必要であると主張しています。

まず、「支配的論理」とは、ある分野において普及している主流の考え方や枠組みを指します。つまり、この論文では、従来のマーケティングにおける支配的論理について議論しています。

従来のマーケティングでは、商品やサービスを提供し、それを消費者に売り込むことが主な目的でした。つまり、企業が商品を作り、広告を出し、消費者に購入してもらうことがマーケティングの中心でした。しかし、このアプローチでは、消費者のニーズや価値観が変化している現代では限界があるとされます。

論文では、新しい支配的論理として、「顧客中心主義」という考え方が提唱されています。このアプローチでは、消費者のニーズや価値観を理解し、それに基づいて商品やサービスを提供することが中心になります。つまり、企業が消費者の問題やニーズを解決し、消費者の生活をより豊かにすることが目的となります。

この新しい支配的論理では、従来のマーケティングにおける「4P(Product, Price, Place, Promotion)」に代わる新たな枠組みとして、「4C(Customer, Cost, Convenience, Communication)」が提唱されています。

顧客中心主義に基づくマーケティングでは、まず消費者のニーズを理解し、そのニーズに合わせて商品やサービスを提供することが重要です。そのため、顧客(Customer)を中心に据えた視点が必要になります。次に、消費者にとってのコスト(Cost)を最小限に抑え、利便性(Convenience)を高めることが求められます。最後に、企業と消費者のコミュニケーション(Communication)が重要であり、消費者からのフィードバックや要望を受け止め、それに基づいてサービスを改善することが求められます。

このような顧客中心主義に基づくアプローチは、企業が商品やサービスを提供するだけでなく、消費者との関係性を築き、長期的な顧客ロイヤルティを構築することができるとされています。つまり、単に商品を売るだけでなく、顧客との関係性を通じて価値を提供することで、企業と消費者の間での信頼関係が構築され、顧客ロイヤルティが高まるとされています。

論文では、このような顧客中心主義に基づくアプローチが、従来のマーケティングと比べてどのように異なるかが詳しく説明されています。また、このアプローチを取り入れることで、どのようなメリットがあるかについても議論されています。

EC事業者の活用方法

現代の消費者は、単に商品やサービスを求めるだけでなく、その背景にある企業の価値観や社会的責任を意識するようになっています。つまり、消費者は企業に対してより高い期待を持っているとされています。そのような状況下で、従来のマーケティングの枠組みに固執することでは、企業は消費者の期待に応えることができません。このような背景から、顧客中心主義に基づくアプローチが注目され、この論文によってその重要性を再認識し、ビジネスに活かすことができます。

Evolving to a new dominant logic for marketing(マーケティングのための新しい主導的論理への進化)

Using online conversations to study word-of-mouth communication(口コミコミュニケーションを研究するためのオンライン会話の利用)

概要

オンライン会話を通じて口コミコミュニケーションを研究することをテーマとした論文です。この論文からは、以下のような学びが得られます。

・オンライン会話は貴重な情報源となる

オンライン会話は、消費者が商品やサービスについて話し合う場として非常に貴重な情報源となります。このような会話を分析することで、消費者が商品やサービスに対してどのような意見や感情を持っているかを把握することができます。また、消費者が商品やサービスに求めるものや不満点なども把握できます。

・口コミコミュニケーションはマーケティングにおいて重要な役割を持つ

口コミコミュニケーションは、消費者にとって信頼性の高い情報源となります。そのため、企業は口コミコミュニケーションを積極的に活用し、消費者に商品やサービスを広めることができます。また、口コミコミュニケーションは、マーケティングの効果を高めるための重要な手段となります。

・オンライン会話の分析は、マーケティング戦略の策定に役立つ

オンライン会話の分析を行うことで、消費者の嗜好やトレンド、商品やサービスに対するニーズなどを把握することができます。これらの情報を活用して、企業はより効果的なマーケティング戦略を策定することができます。また、オンライン会話を通じて得られたフィードバックを元に、商品やサービスの改善点を把握することもできます。

・ソーシャルメディアの普及により、口コミコミュニケーションの影響力は増大している

ソーシャルメディアの普及により、口コミコミュニケーションの影響力は増大しています。消費者は、ソーシャルメディア上で商品やサービスについて意見を交換することができます。そのため、企業はソーシャルメディア上での口コミを分析することが重要です。

EC事業者の活用方法

この論文での知見をEC事業者がマーケティングに活かすためには、以下のようなアプローチが考えられます。

ソーシャルメディア上の口コミの分析

オンライン上での口コミを定量的に分析することで、製品やサービスの受容度や購買意欲を把握することができます。このためには、ソーシャルメディアモニタリングツールを活用し、自社や競合他社のブランド名、製品名、サービス名などのキーワードを監視することが必要です。

ソーシャルメディア上での顧客エンゲージメントの分析

口コミの分析に加えて、ソーシャルメディア上での顧客エンゲージメントの分析も重要です。顧客エンゲージメントを高めるためには、自社の製品やサービスに関する質問に迅速かつ適切に回答することが必要です。

ソーシャルメディアを活用した顧客接触の改善

ソーシャルメディアを活用した顧客接触を改善することで、顧客満足度を向上させ、顧客ロイヤルティを高めることができます。具体的には、SNS上でのキャンペーンやプロモーション、製品やサービスの新機能や新商品の情報発信などが挙げられます。

ソーシャルメディアを活用した製品開発

ソーシャルメディア上での口コミを分析することで、自社の製品やサービスに対する顧客の意見や要望を把握することができます。これらの情報を製品開発に活用することで、市場のニーズに合った製品やサービスを提供することができます。

ソーシャルメディアを活用した競合分析

自社だけでなく、競合他社のソーシャルメディア上での活動も監視することが重要です。競合他社のソーシャルメディア上での口コミや顧客エンゲージメントの状況を分析し、自社の戦略の改善や新しい戦略の立案に活用することができます。

Using online conversations to study word-of-mouth communication(口コミコミュニケーションを研究するためのオンライン会話の利用)

 

EC売上アップ!EC事業者必見のマーケティングに関する論文9選【前編】はこちら

Back to blog