EC売上アップ!EC事業者必見のマーケティングに関する論文9選【前編】

EC売上アップ!EC事業者必見のマーケティングに関する論文9選【前編】

EC売上をアップさせるには

現代社会では、商品やサービスがコモディティ化しており、機能面だけでは顧客を獲得するのが難しくなっています。そのため、EC事業者は、商品やサービスの付加価値を高め、差別化を図る必要があります。マーケティングは、商品やサービスの差別化に必要な要素を提供するため、EC事業者にとって非常に重要な分野です。

論文を用いた学習は、EC事業者にとって最新のトレンドや洞察を提供するために役立ちます。論文は、専門家によって執筆された信頼性の高い情報源であり、最新の市場分析や消費者行動のトレンド、最適なマーケティング戦略の策定方法などを提供しています。

また、マーケティングを論文を用いて学ぶことは、競合優位性を獲得するために必要な要素を提供することができます。競合優位性を獲得するためには、自社の商品やサービスを差別化する必要があります。論文を用いた学習は、EC事業者が自社の商品やサービスを差別化するために必要な知識やスキルを習得することができます。

Managing brand equity: Capitalizing on the value of a brand name(ブランド・エクイティ管理:ブランド名の価値を最大化する)

概要

この論文は、デイビッド・アーカー氏が1991年に著したブランド戦略に関する重要な著作です。ブランドエクイティ(ブランド価値)の概念を詳細に解説し、ブランド価値を最大化するための戦略と手法を提案しています。

 

 

ブランドエクイティの定義

ブランドエクイティを、「消費者がブランド名に対して持つ知識や感情、経験によって生じる、ブランド名による価値の付加」と定義しています。これにより、ブランドエクイティは競合他社との差別化や顧客ロイヤルティの向上、プレミアム価格の設定など、企業の収益性に直接的な影響を与えます。

 

 

ブランドエクイティの構成要素

 ブランドエクイティを以下の4つの要素に分けて説明しています。

 

・ブランド認知(ブランドの知名度)

・ブランド関連性(消費者がブランドと結びつけるイメージや印象)

・ブランドの購入意向(消費者がブランド製品を購入する意欲)

・ブランドの忠誠心(消費者がブランドに対して継続的に支持する度合い)

 

 

ブランドエクイティの管理

ブランドエクイティを効果的に管理するためには、以下の要素に焦点を当てる必要があると述べています。

 

・ブランドのポジショニング

 市場におけるブランドの独自性と競合他社との差別化を明確にする。

 

・ブランドのイメージと印象

 ブランドに関連する印象やイメージを強化し、消費者に魅力的なものにする。

 

・ブランドの関連性の維持

 消費者のニーズや市場の変化に対応し、ブランドの関連性を維持・強化する。

 

・顧客ロイヤルティの向上

 顧客満足度を高め、リピート購入や口コミ効果を促進する。

 

 

ブランドエクイティの測定

ブランドエクイティを定量的および定性的に評価するための方法を提案しています。測定方法には、ブランド認知の調査、ブランドの関連性や購入意向の評価、顧客ロイヤルティの分析などが含まれます。これらの測定により、企業はブランド戦略の効果を把握し、改善や最適化を図ることができます。

 

 

ブランドエクイティの創出と拡大

新しいブランドを構築する際や既存のブランドを拡大する際に、ブランドエクイティを最大化する方法を提案しています。その方法には、ブランドの差別化、ブランドのエクステンション(ブランドの製品範囲を拡大)、コブランディング(他のブランドとの提携)などがあります。

 

 

ブランドエクイティの保護

企業がブランドエクイティを維持・保護するために、ブランド名やロゴの法的保護、競合他社による模倣の防止、ブランドイメージの損傷を防ぐための対策を講じる必要があると強調しています。

 

 

EC事業者の活用方法

EC事業者はブランド資産を管理し、顧客認知度やロイヤルティを向上させることで、競争優位性を築くことができます。

 

Managing brand equity: Capitalizing on the value of a brand name(ブランド・エクイティ管理:ブランド名の価値を最大化する)

Conceptualizing, measuring, and managing customer-based brand equity(顧客ベースのブランドエクイティの概念化、測定、管理)

概要

ケビン・レーン・ケラーによって1993年に発表されたブランド戦略に関する重要な論文です。顧客ベースのブランドエクイティの概念を詳細に説明し、ブランド価値の構成要素、測定方法、管理手法を提案しています。

 

顧客ベースのブランドエクイティの定義

顧客ベースのブランドエクイティを、「消費者がブランド名に対して持つ知識、経験、感情によって生じる、ブランド名による価値の付加」と定義しています。これにより、ブランドエクイティは消費者のマインドにおいて生じるものであり、企業が顧客の認知、評価、ロイヤルティの向上に注力することで創造的に形成されます。

 

 

顧客ベースのブランドエクイティの構成要素

ブランドエクイティを以下の4つの要素に分けて説明しています。

・ブランド認知(ブランドの知名度)

・ブランド関連性(消費者がブランドと結びつけるイメージや印象)

・ブランドの購入意向(消費者がブランド製品を購入する意欲)

・ブランドの忠誠心(消費者がブランドに対して継続的に支持する度合い)

 

 

顧客ベースのブランドエクイティの想定

顧客ベースのブランドエクイティを定量的に測定するための手法を提案しています。その手法には、消費者のブランド認知度やイメージ、購入意向やロイヤルティを測定するアンケート調査、コンジョイント分析、フォーカスグループなどが含まれます。

 

 

顧客ベースのブランドエクイティの管理

ブランドエクイティを効果的に管理するための方法を提案しています。その方法には、以下の要素に焦点を当てる必要があると述べています。

・ブランドのポジショニング

 ブランドの独自性と競合他社との差別化を明確にする。

 

・ブランドのコミュニケーション

 ブランドのイメージの構築とブランドメッセージの一貫性を確保する。

 

・ブランドのエクステンション

 ブランド製品やサービスの範囲を拡大し、新たな市場に参入する。

 

・ブランドアーキテクチャ

 企業が持つ複数のブランドの関係性を明確化し、ブランドエクイティを最大限に活用する。

 

・ブランドマネジメント

 ブランド戦略遂行とブランドエクイティの維持・強化を実践するための組織的な枠組みを確立する。

 

 

EC事業者の活用方法

顧客ベースのブランドエクイティの概念を提唱し、その重要性と管理方法を示すことで、ブランド戦略の理解と実践に貢献しています。顧客ベースのブランドエクイティの構成要素、測定方法、管理手法を理解することで、企業は顧客のニーズに合ったブランド戦略を実践し、市場での競争力を強化することができます。

 

Conceptualizing, measuring, and managing customer-based brand equity(顧客ベースのブランドエクイティの概念化、測定、管理)

Principles of marketing(マーケティングの原則)

概要

アメリカのマーケティング教育者であるフィリップ・コトラーが共同執筆したマーケティング教科書です。この教科書は、最初に1967年に出版され、以来、世界中の大学やビジネススクールで広く採用されています。最新版は、2022年現在で18版が出版されています。

 

マーケティングの基本概念

顧客と市場、商品とサービス、価格、プロモーション、販売チャネルなどの基本的な概念について説明します。

 

 

マーケティング環境

経済、社会、文化、政治、法律、技術などの環境要因がマーケティング活動にどのような影響を与えるかについて説明します。

 

 

マーケティング調査

マーケティング調査の重要性や目的、方法、手順、データ分析などについて説明します。

 

 

マーケティング戦略

顧客のニーズと要求に応じて、製品やサービス、価格、プロモーション、販売チャネルをどのように設計するかについて説明します。

 

 

商品開発とブランド戦略

商品開発プロセス、ブランド開発、ブランド管理、ブランドエクイティの構築などについて説明します。

 

 

マーケティングコミュニケーション

広告、販促、公共関係、直接販売、個人販売などのコミュニケーション手段について説明します。

 

 

マーケティング戦略の実行とコントロール

マーケティング戦略の実行、コスト管理、収益管理、市場シェア、顧客満足度などのコントロールについて説明します。

 

 

EC事業者の活用方法

この教科書はマーケティングの基本概念と原則を理解するための優れた教材として評価されています。また、ビジネスに関わる多くの人々にとって、マーケティングについて学ぶ最初の教材としても広く利用されています。さらに、最新版では、デジタルマーケティングやソーシャルメディアマーケティング、グローバルマーケティングなど、現代のビジネスに必要な最新のマーケティング戦略についてもカバーされています。EC事業者は商品開発やブランド戦略、マーケティングコミュニケーションなどの重要な要素について理解し、戦略の実行に必要なスキルや知識を身につけることができます。

Principles of marketing(マーケティングの原則)

 

EC売上アップ!EC事業者必見のマーケティングに関する論文9選【中編】に続く

Back to blog