EC上級者向け!Amazon検索の5つのテクニック

EC上級者向け!Amazon検索の5つのテクニック

Amazonの検索は、商品を探すための基本的なツールですが、その可能性を最大限に活用する方法をご存知でしょうか? 今回は、Amazonの検索方法をさらに深掘りし、ユーザーのショッピング体験を一段と豊かにするための5つのテクニックをご紹介します。

【完全版】Amazonセラーセントラル登録方法と出品する際のポイント

検索除外

商品を探すとき、特定のキーワードを除外することで検索結果を絞り込むことができます。たとえば、「スニーカー」と検索すると、様々なブランドのスニーカーが表示されます。しかし、「Nike」のスニーカーは必要ないという場合、「スニーカー -Nike」のようにハイフンをキーワードの前につけることで、そのキーワードを含む商品を除外することができます。

複数除外指定

さらに、一度に複数のキーワードを除外することも可能です。例えば、「スニーカー -Nike -Adidas」と検索すると、NikeやAdidasのスニーカーを除いた他のブランドのスニーカーが表示されます。

金額指定

お求めやすい価格帯の商品だけを見たいという時は、価格指定検索を活用しましょう。「スニーカー ¥5000..¥10000」と入力すると、5000円から10000円までの価格帯のスニーカーが表示されます。

OR指定

異なるキーワードに対する商品を一度に検索したい場合は、「OR」を利用します。例えば、「Nike OR Adidas」を検索すると、NikeとAdidasのどちらかを含む商品が表示されます。

割引率指定

Amazonでは、商品の割引率を指定して検索することも可能です。これにより、大幅に割引されている商品だけをピックアップして表示することができます。詳しい方法はAmazonのヘルプページに記載されています。

まとめ

以上、Amazonの検索を使いこなすための5つのテクニックをご紹介しました。これらのテクニックを使うことで、Amazonでの検索結果をより独自かつ効率的に絞り込むことができます。

さらに、上記のテクニックはすべて組み合わせて利用することが可能です。例えば、「スニーカー ¥5000..¥10000 -Nike OR Adidas &pct-off=30-」と検索すると、5000円から10000円の間で、NikeまたはAdidasのスニーカーで、30%以上割引されている商品を表示できます。

また、割引率を指定して検索する際は、URLの末尾に「&pct-off=」を追加し、その後に割引率を指定します。例えば、50%以上の割引率を指定するには「&pct-off=50-」と入力します。50%から90%の間で割引されている商品を表示するには、「&pct-off=50-90」と入力します。この場合、割引率を指定する際には必ずハイフン(-)を付けることを忘れないでください。ハイフンを省略すると、割引検索機能が動作しなくなります。

これらのテクニックを駆使すれば、Amazonでのショッピング体験はさらにスムーズで効率的になります。ただし、検索結果にはAmazonのベストセラー商品や定価の商品も混ざることがあるため、それらに惑わされないようにしましょう。

最後に、これらのテクニックはあくまでツールの一部です。Amazonでの購入決定は、商品の品質、評価、価格など、多くの要素を考慮することが重要です。しかし、これらの検索テクニックを使うことで、目的の商品を見つける過程がより楽しく、効率的になることは間違いありません。

Back to blog