【2023年3月】EC売上アップ!ECコンサル流楽天セール・イベント活用術

【2023年3月】EC売上アップ!ECコンサル流楽天セール・イベント活用術

楽天セール・イベント一覧

楽天スーパーセール

楽天スーパーSALEは例年3月・6月・9月・12月に開催される大型のキャンペーンです。楽天スーパーSALE中は、1,000円(税込)以上購入した店舗数に応じて最大10倍のポイント倍増になる「ショップ買い回りキャンペーン」があり、楽天ポイントを効率的に集める消費者がモール内を回遊します。

楽天お買い物マラソン

楽天お買い物マラソンは、楽天市場でほぼ毎月行われるセールです。楽天スーパーセールと同じで、消費者はショップ買い回りを行うことでポイント還元倍率(最大10倍)を上げることができます。消費者からみた楽天スーパーセールとの違いは「割引率」になります。楽天スーパーセール期間中は年4回の限定イベントになるため、大幅な割引を実施する事業者が相対的に多い傾向があります。

楽天ブラックフライデー

楽天ブラックフライデーは11月後半に3日〜6日間開催されます。「対象ショップ全品50%OFF」や「対象アイテム限定最大半額クーポン」、「黒い超目玉商品」など多くのキャンペーンが実施されます。ショップ買い回りキャンペーンも同時に開催されるため、消費者は10倍のポイント倍増を獲得できます。先着限定クーポンなどが多いため、セール開始直後に多くのユーザーが流入する傾向があります。

楽天イーグルス感謝祭

楽天イーグルス感謝祭は、毎年プロ野球のリーグ戦・CS(クライマックスシリーズ)終了後の10月〜11月に楽天市場で3日〜7日間開催されるお得なイベントです。「今年も応援ありがとう!​楽天イーグルス応援キャンペーン​」や「イーグルスファン感謝祭」などと呼ばれることもあります。イベント期間中は​商品がいつもより安く​なったり、5,000円(税込)以上のお買い物でポイント2倍、50,000円(税込)以上でポイント5倍還元されるのが特徴です。(最大37倍)

楽天超ポイントバック祭

楽天超ポイントバック祭とは、楽天市場で12月・1月に開催されるセールイベントです。楽天スーパーセールなどの他のイベントとは違い、買い回りしたショップ数ではなく、「買い物した合計金額」でポイント倍率があがるキャンペーンです。そのため消費者は金額の高い商品を買うほどお得になるイベントです。

5と0のつく日

5と0のつく日キャンペーンとは、「5」と「0」のつく毎月5日・10日・15日・20日・25日・30日に楽天市場などの対象サービスで楽天カードを使って買い物をすると、ポイント最大5倍となるキャンペーンです。注意点は、「楽天カード」を使用しないとこのキャンペーン特典は適応されません。高額商品やまとめ買いを計画している消費者が多い傾向があります。

ご愛顧感謝デー

ご愛顧感謝デーは、毎月18日(いちばの日)に開催されます。楽天市場の買い物がポイント最大4倍(通常ポイント含む)にアップするキャンペーンです。ポイント倍率は会員ランクによって異なり、ゴールド会員はポイント+1倍、プラチナ会員は+2倍、ダイヤモンド会員はポイント+3倍アップします。またシルバー会員とレギュラー会員にはポイントアップ特典はありません。

ワンダフルデー

ワンダフルデーとは、毎月1日に開催されるポイントアップデーです。キャンペーンにエントリーすると、3,000円以上の商品購入でポイントが+2倍になります。消費者は1店舗で3,000円以上の買い物をするのではなく、複数店舗で3,000円を超えれば条件クリアとなります。また、ワンダフルデーは、リピート購入でさらにポイント+1倍になる特徴があります。

勝ったら倍

勝ったら倍キャンペーンは楽天イーグルス・ヴィッセル神戸が勝利した後にキャンペーンページからエントリーし、購入することで、ポイント最大4倍が還元されるイベントです。ポイント倍率は、1チーム勝利で2倍、2チームとも勝利で3倍となります。

39キャンペーン

39キャンペーンとは、39ショップでの買い物でポイント2倍(通常ポイント含む)にアップする不定期開催のキャンペーンです。基本的に月前半に開催されるお買い物マラソンや楽天スーパーセールと同時期に開催されます。楽天市場の主要キャンペーンではありませんが、他のキャンペーン(お買い物マラソンなど)と併用することでよりお得に買い物できるのでぜひ活用したいキャンペーンです。

※39ショップとは合計3,980円(税込)以上の買い物で送料無料に設定しているショップのこと

楽天セール・イベント活用方法

ブランドやジャンルによって異なりますが、基本的に楽天市場で売上を上げるには検索で勝つことが重要です。楽天の検索アルゴリズムは様々な要素を総合評価しますが、そのうちの要素の一つに「売上」があります。出店して間もない店舗や新商品については販売実績がないため、検索上位に表示されにくくなっています。楽天セール・イベントは販売実績を効率的に獲得する施策の一つとして活用できます。

買い回り施策

楽天スーパーセール(3月・6月・9月・12月)やお買い物マラソン(毎月)では、違う店舗で1,000円以上の買い物をすると毎に、ポイント倍率が上がります。効率的に楽天ポイントを獲得したい消費者が多くなっています。楽天スーパーセールサーチに出品するなど、回遊時に発見してもらえるように対策しておく必要があります。尚コピーページで申請した場合、スーパーセール期間中に獲得した販売実績を普段販売している元ページに引き継ぐことができないため、注意が必要です。

ピンポイント施策

楽天スーパーセールやお買い物マラソン開催中でも、5と0のつく日はさらにポイントを獲得できます。事前に買うものをリストアップして、キャンペーンを併用して「とにかくお得に買い物したい」というインサイトをもった消費者もいらっしゃるので、タイミングを合わせてクーポンなどの自社独自のキャンペーンを実施することも戦術の一つです。ピンポイントのキャンペーンスケジュールを把握し、大型セールと組み合わせることで効率的に売上を成長させることができます。

まとめ

楽天セール・イベントを活用して売上をアップさせるための方法についてご紹介しました。楽天市場で開催される各種セール・イベントの概要や活用方法、売上を伸ばすための施策についてもっと知りたいというEC事業者はお気軽にお問い合わせください。

Back to blog