「セラースプライト」対「Keepa」 Amazonセラー向けツールの詳細な比較ガイド

「セラースプライト」対「Keepa」 Amazonセラー向けツールの詳細な比較ガイド

セラースプライト keepa 徹底比較

Amazon出品事業者にとって、市場分析や商品リサーチは極めて重要な作業の一つです。この領域で役立つツールとして「セラースプライト」と「Keepa」があります。本記事では、これら二つのツールの特徴と機能、料金体系について詳細に解説し、あなたのビジネスにどのツールが適しているかをご判断いただく材料を提供します。

Amazonで効率よく売上を成長させる広告運用ノウハウはこちら

セラースプライトとKeepaの主要機能

「セラースプライト」は商品データのクイックプレビュー、競合品の販売状況の視覚化、ターゲット市場の総合的な分析、リアルタイムでのキーワード順位の一括検索など、市場リサーチや商品リサーチを効率化する機能を多数提供します。特にキーワードマイニングとライバル商品リサーチの機能は、競合商品との差別化や販売戦略の策定に役立ちます。

一方、「Keepa」はAmazon商品の価格変動や売れ筋ランキング、レビュー数などを一覧表示し、商品の価格変動グラフを通じて、過去の価格推移を確認することができます。また、指定価格を下回ったときに通知を受け取る機能や、売れ行きから商品の仕入れを決定するための情報も提供します。

料金体系とプランの違い

セラースプライトは無料会員からVIP会員までの4つの料金プランがあります。無料会員でも一定の機能は利用可能ですが、リサーチ結果が5件までと制限されています。スタンダード会員(月額98ドル、年額980ドル)では、主要な機能が無制限に利用できます。アドバンスド会員(年額1880ドル)やVIP会員(年額2380ドル)では、さらに詳細な情報の提供や高度な機能が利用できます。

一方、Keepaは無料版と有料版の2つのプランを提供します。無料版では基本的な機能が利用できますが、有料版(年額20ユーロ)では全ての機能が無制限に利用できます。有料版では、詳細な価格履歴や販売ランキングの情報が得られ、より深い分析が可能になります。

セラースプライトとKeepaの利用シーン

セラースプライトは、キーワードリサーチや競合商品のリサーチが主要な作業で、新商品の出品を計画している出品者や市場動向を把握しようとしている出品者に適しています。一方、Keepaは、商品の価格推移や売れ筋ランキングを主に見ている出品者、仕入れ先を探している出品者、または価格競争力を保つために市場価格の動向を把握することが重要な出品者に向いています。

また、セラースプライトの無料会員でも「逆引きリサーチ」機能が利用できます。逆引きリサーチとは、ある商品やキーワードに対して、関連性の高いキーワードやそれらがどの程度の検索ボリュームを持つかを調べる機能です。この機能を使うことで、SEO対策に活用できます。

セラースプライトとKeepaの使い方

セラースプライトの基本的な使い方は以下の通りです。

  • セラースプライトにログインします。
  • 左側のメニューから必要な機能を選択します。例えば、「キーワードマイニング」を選択すると、キーワードに関連する情報を見ることができます。
  • 検索ボックスにキーワードを入力し、結果を見ます。キーワード順位チェッカーを使えば、選択したキーワードの順位をリアルタイムで見ることができます。

Keepaの基本的な使い方は以下の通りです。

  • Keepaにログインします。
  • Amazonの商品ページを開きます。Keepaはブラウザの拡張機能として動作し、商品ページに価格推移グラフなどの情報を追加します。
  • 商品ページをスクロールし、Keepaの提供する情報を確認します。

6. まとめ

セラースプライトとKeepaは、Amazon出品者にとって非常に便利なツールです。どちらのツールも、商品リサーチや市場分析をする上で欠かせない情報を提供します。しかし、それぞれが提供する情報や機能は異なるため、自分のビジネスニーズに最も適したツールを選ぶことが重要です。

セラースプライトは、キーワードリサーチや競合商品の分析など、よりディープな市場調査や商品分析を行いたい出品者に向いています。一方、Keepaは、商品の価格変動や売れ筋ランキングをチェックし、価格戦略を策定したり仕入れを計画したりする出品者に向いています。

両ツールとも無料で始められるので、それぞれのツールが自分のビジネスにどのように役立つかを確認してみてはいかがでしょうか。そして、より多くの機能やデータにアクセスしたい場合は、有料プランに移行することを検討してみてください。

最後に、どちらのツールを選んだとしても、それらが提供する情報を最大限に活用し、自分のビジネス戦略に組み込むことが重要です。Amazon出品ビジネスは競争が激しい市場ですが、適切なツールを用いて情報を収集し、適切な分析を行うことで成功への道筋をつけることができます。

これからも新たなツールや情報が日々出てきます。それらをうまく活用し、変化に対応する柔軟性を持つことが、Amazon出品ビジネスで成功するためのカギとなるでしょう。

Back to blog