【2023年5月更新】ECコンサルの 楽天SEO対策 最新情報

【2023年5月更新】ECコンサルの 楽天SEO対策 最新情報

楽天SEO対策

※この 楽天SEO対策 の記事は弊社ECコンサル事業で得た最新の知見を元に2週間に1回程度更新しています。 楽天検索アルゴリズムは頻繁に変更されるため、ブックマークに追加し、定期的にご確認いただくことをおすすめします。 基本編から上級編まで幅広くカバーしているため、楽天売上をアップさせる手段の一つとしてご活用いただければ幸いです。

楽天SEO対策 (楽天検索最適化)とは

消費者が楽天市場で商品を検索した際に、自社商品ページを上位に表示される取り組みのことです。 どの商品を上位に表示させるかは楽天の検索アルゴリズムによって自動で決定されます。

楽天の検索アルゴリズム( 楽天seo対策 評価の仕組み)

楽天の検索アルゴリズムは、商品タイトル、商品説明、レビュー、価格、在庫数、売上などの情報を総合的に分析し、検索結果のランキングを決定します。 効果が出るまで数ヶ月かかるGoogle検索とは違い、比較的早く効果が出ます。 しかし頻繁に変更されるため、定期的に順位を確認し、売上と順位の相関を注視して、地道に楽天SEO対策に取り組む必要があります。

楽天売上アップには 楽天seo対策 が重要

基本的に楽天での売上は、検索順位が大きく影響します。 楽天ユーザーの最も多い購買行動は、カテゴリーやメーカー・商品名で検索し、買い物かごに入れるという流れになります。 一般的に検索順位が上がると、集客数(インプレッション・アクセス数のパイ)が増加し、売上もアップします。

楽天SEO対策

楽天seo対策 で集客する具体的な対策方法

大前提:消費者が求めるもの

そもそも自社商品を買ってくれる可能性がある消費者を検索から集める必要があります。 検索上位表示されたとしても、消費者が求めてなければ売れることはありません。 商品を買う可能性がある人はどのような購買行動をとるか、どのように表現すれば商品の魅力が伝わるか、逆算してキーワードやコンテンツを調整していくというのがベースになります。 社員間で性別・年齢などのユーザー情報が違う楽天アカウントでログインし、検索結果・お勧めされる広告・メルマガ受信など差異を分析することも一つのアプローチになります。

また、Googleトレンドでキーワードの検索ボリュームの変化を分析し、マーケットのトレンドを掴むことができます。 楽天ランキングにランクインするレディースアパレルがわかりやすい例です。 シーズンの約2ヶ月前に予約販売を開始し、Googleトレンドでボリュームの多い商品を狙って販売する傾向があります。

楽天seo対策 におけるキーワード選定

商品特性にもよりますが、一般的にカテゴリーで検索順位を上げることが売上アップに繋がります。 例えば、イスのブランドを展開している場合、消費者がオフィスチェアを購入するときに検索しそうなワードで上位表示を狙います。 具体的にはオフィスチェアや高機能チェアが考えられます。 このようなキーワードは「ラッコキーワード」で探したり、 RMSの流入キーワードを分析し、PDCAを回していきます。

検索ボリュームが多い「ビッグワード」は競合店が多く、売り上げ実績が高い 店舗の商品が上位を占めています。 そのため「ミドルワード」「スモールワード」から 楽天seo対策 を対策していきます。

一般的に、1語の検索よりもミドル・スモールワードと組み合わさった複数語検索によるアクセス人数の合計の方が多く、転換率も高くなります。 メインキーワードを含めた複合語を調査して、その中のどれを狙っていくかを選定する必要があります。

特需キーワード

「バレンタイン」「クリスマス」「お歳暮」などのイベントや季節性のキーワードと商品に関係付けられるものをピックアップします。 これらの対策は直前に実施しても大きな成果は期待できないため、2〜3ヶ月前から検索対策を行い、イベントまでにできるだけ検索順位を上げておくことで、需要の最盛期に売り上げを大きく伸ばすチャンスになります。 また、キーワードの検索順位をデータとして自動で蓄積し、分析します。

※自動取得ツールは下の「データ収集・分析」でご紹介

楽天seo対策 キーワード設置

上記で選定したキーワードを商品名、キャッチコピー、商品説明文、販売説明文に入れます。

食品の場合、商品名は下記をベースに設定することをお勧めします。 その他ジャンルや詳細については、店舗運営Naviの「商品名登録ガイドライン」をご確認ください。

【メーカー名_ブランド名_商品名称_仕様_内容量_数量】

・日清 カップヌードル シーフードヌードル 75g 20個

・黒毛和牛 A5等級 霜降りクラシタローススライス 九州産500g

また、キャッチコピー、商品説明文、販売説明文は、キーワードや単語の羅列ではなく、文章形式で記述します。 文章中に自然な形で、商品名よりも多くのキーワードを入れます。 キーワードの入れ方は、狙っているキーワードで検索して表示される上位サイトのキャッチコピー、商品説明文、販売説明文の傾向を参考にします。 なお、楽天seo対策 において商品名は商品ページのタイトル名になるので、最も重要なキーワードです。 商品名にキーワードが含まれると、検索結果に出やすくなりますが、キーワードがないと検索結果に出にくくなります。

・文字数カウント方法

文字数は全て全角で127文字まで入力が可能です。 仮に全て半角の場合は254文字まで入力が可能です。

LENB関数でバイト数を確認し、調整することができます。 csvで登録する場合、文字数がオーバーするとエラーになるため、下記を参考にバイト数が254以下になっていることを確認しましょう。

=LENB(文字列)

詳しくはGoogleスプレッドシートの関数リスト(LENB)をご確認ください。

カテゴリ選択

商品登録の際に、自社の商品とマッチしたカテゴリ選択を行います。 これにより、選択したカテゴリ名でも認知されやすくなります。 一方、商品にあったカテゴリを設定していなければ、検索で出てこないことがあります。

楽天SEO対策

レビュー数

楽天でビックキーワードで検索したときに、上位の商品ページには数千件のレビューがある商品が多い傾向があります。 レビュー投稿キャンペーンとして、投稿を条件に次回のクーポンを付与したり、プレゼント特典をつけることでレビュー投稿確率を高めたり、再購入に繋げます。 レビュー数が楽天の検索アルゴリズムに影響するかどうかはわかっていません。 従って、レビュー数が多ければ上位表示されるものではありませんが、検索結果の傾向から有利になると推察できます。

売上

当然ですが、楽天市場運営側として消費者が求める商品を表示し、売上を最大化することで手数料が増えるインセンティブがあります。 売上は商品IDに紐付けられているため、1個と複数セットの商品が別のIDになっていたり、キャンペーン時に別のIDで販売した場合はカウントされません。 また売上は、ある一定期間と累計の両方が関係していると見られ、前者の方が影響は大きいと考えられます。 新商品などを他の店よりも早く売れば、その分売上が多くなって他社よりも検索で上位に表示されるという事例もあります。

・ランキング戦略

「予約販売機能」を使ってデイリーランキングに入賞させ、アクセス数を獲得し、売上を上げる戦略があります。 楽天市場予約販売は、発売日前から注文を受け付けることができる機能です。 注文が入ったタイミングで売上が確定せず、発売のタイミングまで注文を溜めておくことができます。 つまり、予約販売では「発売開始のタイミング」で予約を受け付けたすべての注文が確定することになります。

楽天市場のデイリーランキングは、前日の注文確定数をもとに集計します。 注文日ベースではなく「注文を確定した日」で計測されるため、予約分はすべて「発売開始のタイミング」で計測されます。 従って、予約販売機能を活用し、売上を集中させることでランキング1位を狙う方法があります。

ランキング上位を獲得するとランキング経由でアクセスを獲得し、売上アップに繋がる可能性があります。

動画

商品ページに動画がアップロードされていると、消費者がより商品の特徴や使用イメージを理解しやすくなります。 SEO対策のベースの考え方である、消費者ファーストの観点から動画の有無がSEOに影響する可能性があります。

楽天seo対策 用データ収集・分析

プログラミングコード「Python」を使って各キーワードの検索順位データを収集することができます。 Google Colaboratoryにコードをコピペすることで誰でもGoogleスプレッドシートにデータを出力することができます。

※設定方法・使い方については【 楽天SEO対策 必須ツール】検索順位を自動取得する方法をご覧ください。

※Google Colaboratoryについては、Colaboratoryよくある質問をご参照ください。

楽天seo対策 のまとめ

楽天SEO対策には、キーワード選定、内部対策、カテゴリ選択、レビュー数、売上、動画などが影響します。特に、消費者が求めるものを調査し、選定したキーワードを商品名や商品説明文に入れることが重要です。また、レビュー数を増やし、売上を増やすことで上位表示される可能性があります。そして、動画をアップロードすることで、消費者がより商品の特徴や使用イメージを理解しやすくなり、SEOにも影響する可能性があります。

 

検索順位上位表示させるには、楽天RPP広告とセットで対策することがお勧めです。

ブログに戻る