楽天 RPP 広告活用ガイド:一番効果的な活用方法

楽天 RPP 広告活用ガイド:一番効果的な活用方法

楽天 RPP 広告は、 楽天が提供する検索連動型広告です。 楽天に訪れるユーザーに最適化された広告を配信することができ、 クリック数やCVRなどの指標を計測してパフォーマンスを把握・改善することができます。 楽天市場で売上を上げる手段の一つとして有効です。 

楽天RPP広告を効果的に運用するためには、 適切なキーワードの選定、 入札単価の設定、 広告文・画像の作成、 ターゲティングの最適化、 効果測定・分析を行う必要があります。 定期的な分析と改善を繰り返すことで、 コストパフォーマンスを高め、 より多くのユーザーに自社商品・サービスをアピールすることができます。

 

楽天RPP広告 とは

楽天RPP広告とは、 楽天が提供する検索連動型の広告です。 広告主になることで、 Googleのリスティング広告と同じように、検索窓の下に表示させることができます。 表示箇所はPCで上から4枠、 スマートフォン用webサイトで上から6枠、 アプリでは上から5枠に掲載され、 PRマークがつきます。 月額5,000円〜、CPC(1クリック)10円〜出稿可能です。

楽天 RPP広告楽天RPP広告

RPP 何の略?

RPP の略は、楽天プロモーションプラットフォーム(Rakuten Promotion Platform)の略です。 その昔は、楽天キーワード広告、楽天サーチワード広告、楽天CPC広告など様々な変化を遂げておりまして、今日の楽天RPP広告へと名前が変わりました。

楽天RPP広告の仕組み

楽天 RPP広告 は、 検索連動型広告であり、 ユーザーが楽天市場内でキーワードを検索すると、 関連する商品やサービスの広告が表示されます。 広告主は、 キーワードを設定し、入札価格を決めることで、 広告の表示順位を競います。 高い入札価格を設定することで、 広告の表示順位が上がり、 より多くのユーザーに見られる可能性が高まります。


また、 楽天が蓄積したデータをもとに、 楽天に訪れる個々のユーザーに最適化された広告を配信することが可能です。RPP広告はCPC(cost per click)の課金方式を採用しており、 実際にクリックされた分のみ広告費がかかります。広告のクリック数やコンバージョン数などの重要な指標を計測することで、 広告のパフォーマンスを把握し、 改善することが可能です。

楽天RPP 広告の運用戦略

効果的な運用戦略を立てるためには、 キーワードリサーチや競合分析が欠かせません。まず、 自社商品やサービスに関連するキーワードを洗い出し、 それらの検索ボリュームや競合状況を調査します。次に、 適切な入札価格を設定し、 広告のターゲティング方法を決めます。

最後に、 広告文や画像を工夫し、 クリック率やコンバージョン率を向上させる工夫を行います。運用を続ける中で、 定期的に広告パフォーマンスを分析し、 最適化を行うことが重要です。

楽天RPP広告の最適化方法

楽天RPP広告の最適化には以下のポイントがあります。

  • キーワードの最適化:効果の低いキーワードを見直し、 より効果的なキーワードに変更する
  • 入札価格の最適化:広告の表示順位やコンバージョン率に応じて、 適切な入札価格を設定する
  • 広告文の最適化:広告文を工夫し、 ユーザーの注目を引く内容にする
  • ターゲティングの最適化:効果の高いターゲット層に絞り込むことで、 コンバージョン率を向上させる
  • 楽天RPP 広告の効果測定と分析
  • 楽天RPP 広告の効果を測定し、 分析することで、 広告運用の改善点を見つけ出すことができます。効果測定には以下の指標があります。
  • インプレッション数: 広告が表示された回数
  • クリック数: 広告がクリックされた回数
  • クリック率: インプレッション数に対するクリック数の割合
  • コンバージョン数: 広告からの訪問者が購入や問い合わせなどの目的を達成した回数
  • コンバージョン率: クリック数に対するコンバージョン数の割合
  • コストパフォーマンス: 広告費に対するコンバージョン数の割合(ROI)

これらの指標をもとに、 広告運用の効果を評価し、 改善策を立てていくことが大切です。

 

RPP広告のROAS最大化する方法

デモグラフィックスとサイコグラフィックスを用いて消費者をセグメント化する方法があります。自社商品を買う可能性が高い消費者にリソースを集中させることで、 効率化を図ります。

デモグラフィックスによるセグメント化 rpp 広告

デモグラフィックスは、 年齢・性別・収入・職業・教育レベル・家族構成などの人口統計学的な要素を指します。これらの要素を用いてオーディエンスをセグメント化することで、 顧客のニーズに合った広告戦略を展開できます。正確な仮説を立案するため、 総務省統計局のデータを活用できます。

年齢: オーディエンスを異なる年齢層に分け、 それぞれの層に合った広告メッセージやデザインを提供します。

性別: 男性と女性に異なる広告戦略を展開し、 性別による購買傾向の違いに対応します。

収入: 収入層によって価格感度が異なるため、 それぞれの層に適した商品やサービスを提案します。

職業: 職業によって関心のある商品やサービスが変わるため、 それぞれに合った広告を展開します。

教育レベル: 教育レベルによって理解力や関心が異なるため、 メッセージやデザインを調整します。

家族構成: 家族構成によってニーズが変わるため、 それぞれの家族構成に合った商品やサービスを提供します。

サイコグラフィックスによるセグメント化

サイコグラフィックスは、 個人の価値観、 興味、 ライフスタイル、 性格特性などの心理的要素を指します。これらの要素を用いてオーディエンスをセグメント化することで、 より効果的な広告戦略を展開できます。

価値観:顧客の価値観に基づいて広告メッセージを作成し、 共感を得ることでコンバージョン率を向上させます。

興味・趣味:顧客の興味や趣味に合わせた広告を展開し、 関心を引くことでクリック率を向上させます。

ライフスタイル:顧客のライフスタイルに合った商品やサービスを提案し、 適切

ライフスタイル:顧客のライフスタイルに合った商品やサービスを提案し、 適切なタイミングでアプローチすることでコンバージョン率を向上させます。

性格特性:顧客の性格特性に合わせた広告メッセージやデザインを展開し、 よりパーソナライズされた体験を提供します。例えば、 冒険好きな人には新しい製品やサービスをアピールし、 安定志向の人には信頼性や安心感をアピールするなどです。

消費者行動:顧客の購買行動やブランドとの関わり方を分析し、 リピート購入やブランドロイヤリティを高めるための広告戦略を展開します。

これらのデモグラフィックスやサイコグラフィックスを用いたセグメント化により、 オーディエンスの特性に応じた広告戦略を展開することができます。これにより、 コンバージョン率を向上させ、 ROASを最大化することが期待できます。ただし、 データ収集や分析にはプライバシーに関する法規制や倫理的な配慮が必要です。適切な方法で顧客情報を扱い、 セグメント化を行いましょう。

※正確に分析するため、 総務省統計局Google Dataset Searchなど信頼性のあるデータを活用します。

RPP 広告費の考え方

仮に、 現在の売上100万円で単価5,000円の牛肉のケースを想定します。 目標売上が200万円、

予算が10万円、 転換率が5%(推定値)とした場合、 追加で必要な販売数とアクセス数は下記になります。

・販売数=100万円÷5000円=200

・アクセス数=200÷0.05(CVR)=4,000

楽天 RPP 広告楽天 rpp 広告

最低でも4,000のアクセスを集めるために、 10万円の広告費をかけることになるのでCPCの上限設定は25円になります。

・10万円÷4,000=25

一方でCPCが10円以下になる場合もあります。 上記で転換率の推定値が1%だった場合、 CPCは5円になり、 概算では現状の予算で目標売上を達成することは難しいという結果になります。 その場合は転換率を上げるために、 より牛肉を買ってくれそうな消費者向けにキーワードを再設定したり、 セールをセットで行うことで転換率がアップするような戦略を練り直します。

・アクセス数=200÷0.01=20,000

・CPC=10万÷20,000=5

楽天RPP 広告の出稿方

楽天 RPP広告 は、 広告管理画面からキーワードや入札価格、 広告文を設定して出稿できます。 キーワード選定や入札価格設定には、 競合分析や過去の広告データを参考にすることが重要です。

1楽天RMSにログインし、 広告・アフィリエイト・楽天大学を選択

楽天 RPP広告

2広告 (プロモーションメニュー) を選び、 検索連動型広告 (RPP) をクリック

楽天 RPP広告

3キャンペーンから新規登録をクリック

具体的な予算やCPC欄に関しては、 上記で算出した数値をもとに入力します。

楽天 RPP広告

4商品・キーワード設定・除外商品

楽天 RPP 広告

rppの分析・評価方法

楽天 RPP 広告
楽天RPP広告

パフォーマンスレポートより期間やキャンペーンの絞り込みを設定し、 検索・ダウンロードボタンで広告の運用実績を見ることができます。 クリック数・CVR・ROASの数値確認で簡易的な分析が可能です。 広告出稿前に計画したものと比較し、 クリック数が足りなければキーワードやCPCを調整します。 CVRが低ければ、 キーワードの変更をしたり、 キャンペーンとセットにするのも選択肢の一つです。 これらの仮説・検証を繰り返しながらROAS(広告からの売上÷広告費×100)を最大化していきます。

まとめ

楽天 rpp広告 は、 楽天が提供する検索連動型広告です。楽天に訪れるユーザーに最適化された広告を配信することができ、クリック数やCVRなどの指標を計測してパフォーマンスを把握・改善することができます。楽天市場で売上を上げる手段の一つとして有効です。

楽天 RPP広告を効果的に運用するためには、 適切なキーワードの選定、 入札単価の設定、広告文・画像の作成、 ターゲティングの最適化、 効果測定・分析を行う必要があります。 定期的な分析と改善を繰り返すことで、コストパフォーマンスを高め、 より多くのユーザーに自社商品・サービスをアピールすることができます。

楽天RPP広告 を活用して、 楽天市場内での競争力を向上させ、 売上拡大を目指しましょう。

検索対策には費用のかからない楽天SEO対策もセットで行うことをお勧めします。

ブログに戻る