外注・代理店必要なし!?ECコンサルが教える効率的なAmazon広告運用方法

外注・代理店必要なし!?ECコンサルが教える効率的なAmazon広告運用方法

ECコンサルが教える効率的なAmazon広告運用方法

Amazon広告は、商品の売上向上やブランド認識の強化に極めて有益な戦略ツールです。しかし、Amazon広告の運用には特殊な技術と経験が必要で、その知識を持たないEC事業者が広告代理店や運用代行業者に依存することは珍しくありません。今回は、Amazonで効果的に売上を増加させるため、初心者でもできる広告運用手法をご紹介します。社内に広告運用ノウハウを蓄積していきたい事業者やアマゾンセラーセントラルに出品したばかりで外注する予算がない事業者はぜひご活用ください。

Amazon広告の種類

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告とは、Amazon内に出品されている個々の商品のための広告です。商品検索結果ページや商品詳細ページに表示されます。

スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告は、ブランドと商品ポートフォリオを紹介します。これらの広告には、ブランドロゴ、カスタム見出し、一部の商品が掲載されて商品検索結果に表示されるため、商品の露出と売上を伸ばす助けとなります。

スポンサーディスプレイ広告

スポンサーディスプレイ広告は、セルフサービスのディスプレイ広告ソリューションです。Amazon内外であらゆる購入過程の購入者に働きかけることで、ビジネスやブランドの成長をサポートします。

Amazon広告のターゲティング方法

マニュアルターゲティング

マニュアルターゲティングは、特にお客さまが検索しているキーワードがわかっている場合に、目的のオーディエンスにリーチするための優れた選択肢です。

また、スポンサープロダクト広告の商品ターゲティングも活用できます。商品ターゲティングでは、ASIN別または商品カテゴリ別にターゲティングでき、Amazonの商品検索結果や商品詳細ページでいつ、どこに広告が表示されるかを詳細に制御できます。

マニュアルターゲティングでは、独自のキーワード(および / またはAmazonの推奨キーワード)、ASIN、またはカテゴリーをターゲットに選択できます。カテゴリー別にターゲティングする場合は、さらに再定義を行うことができます。

オートターゲティング

オートターゲティングは、特にオンライン広告を初めて使用する場合や、ビジネスの拡大を検討している場合に、潜在的なお客さまにリーチするための優れたターゲティング方法です。

オートターゲティングでは、Amazonが広告を、その広告の商品に類似したキーワードや商品と一致させます。キーワードや商品の一致は、商品情報に関連した商品検索ワードに基づいて選択されます。

広告はキーワードと商品に基づいて自動的に購入客に表示されるため、キャンペーンの目標に合わせてキーワードと商品ターゲティングのデフォルト設定の調整をコントロールできるようにします。

マニュアルターゲティング・オートターゲティングそれぞれのメリット

マニュアルターゲティング:支出を管理しやすくなり、パフォーマンスの優れたターゲットに対して、より競争力のある入札が可能になります。

オートターゲティング:簡単かつ迅速にキャンペーンを作成できます。キャンペーンの実施後、キャンペーンマネージャーでキャンペーンパフォーマンスを確認し、広告のインプレッション数やクリック数を監視して、ビジネス目標を達成できるようにターゲティングを変更できます。 この方法では、検索トレンドを把握し、クリックや売上を生み出す新しいキーワードを発見できます。

マニュアルターゲティングとオートターゲティングの詳細についてはamazon adsをご参照ください。

おすすめのAmazon広告運用方法

マニュアルターゲティングとオートターゲティングの同時運用

まずは、マニュアルターゲティング1万円、オートターゲティング1万円での運用が費用もあまりかからずおすすめです。マーケティングは「消費者理解」が重要ですが、出品した商品のターゲットが誰なのか、わからない事業者も多いかと思います。その場合は、オートターゲティングで回してみて、どのキーワードや商品経由で売れるのか調査することができます。オートターゲティングでの運用結果を元に、CVR(ユニットセッション率)の高いキーワードや商品をマニュアルターゲティングで強化する方法が効率的です。マニュアルとオートを同時運用することで、自動で潜在的な消費者を発掘しつつ、発掘した購入率の高い消費者に効率良くアプローチすることが可能です。

オートターゲティングでCVRの悪いものを除外設定

Amazonの広告運用では、Conversion Rate(CVR)が重要な指標となります。CVRが低い広告は、期待する成果を得られない可能性が高いため、オートターゲティングから除外することが推奨されます。Amazon adsキャンペーンマネージャーの「検索用語」レポートをgoogleスプレッドシートやエクセルにエクスポート、分析します。「ターゲティング」列にキーワードが入っているものと入ってないものをわけ、CVRを比較します。CVRの低いものは「除外設定」で広告費の無駄打ちを減らしていきます。例えば、下記のような比較ポイントが考えられます。

  • キーワード有り or キーワード無し
  • キーワード別比較(例:充電器 or バッテリー)
  • 商品別比較

オートターゲティングでCVRの高いものを強化

逆にCVRが高い広告は、より多くの成果をもたらす可能性があります。そのため、これらの広告は強化することが推奨されます。オートターゲティングの分析結果をもとに、CVRの高い広告については、マニュアルターゲティングで強化していきます。

※競合対策
競合商品の広告キーワードに合わせて、Cost Per Click(CPC)を高めて競合商品を潰す方法があります。これは、競合他社が投じることのできる広告費を上回るCPCを設定することで、競争力を保つ手法です。

まとめ

Amazon広告は、商品の販売促進やブランド認知度向上に大きな効果を持つことが確認されています。特に、マニュアルターゲティングとオートターゲティングの組み合わせ、CVRに基づく広告の調整といった戦略は非常に有効です。また、競合対策としてCPCを調整する方法も有効ですが、こちらは広告費用とリターンを常に検討する必要があります。

今後はAmazon広告のより詳細な分析ツールやAIによる広告最適化が進むと予想されます。これにより、広告主は更に精緻な広告戦略を立てることが可能となります。それぞれの企業が自社に最適な広告運用方法を見つけ出すことが、今後の成功のカギとなるでしょう。

Amazonセラーセントラル出店方法やポイントについてはこちらの記事をご参照ください。

ブログに戻る