【コピペ】Google Apps Scriptでメールを一括送信する方法

【コピペ】Google Apps Scriptでメールを一括送信する方法

Google Apps Script(GAS)とは

Google Apps Script(GAS)は、Googleの様々なサービスを活用するための強力なツールです。特に、一括メール送信というタスクを自動化する際には、GASは非常に役立ちます。この記事では、GASを使用して一括メール送信を行う具体的な手順と、そのためのスクリプトの解説を提供します。

メール一括送信の設定手順

ステップ1:googleドキュメントにて本文作成

下記画像のようにgoogleドキュメントにてメールの本文を作成します。メール毎に変更する部分は、{所属} {氏名} とします。

ステップ2:googleドキュメントにて本文作成

googleスプレッドシートのにて配信リスト作成

下記画像のようにスプレッドシートにて配信リストを作成します。(メールアドレス・氏名・所属)

ステップ3: Google Apps Script(GAS)の作成

先ほど作成したスプレッドシートから 拡張機能 > App Script を開き、下記コードをコピペします。

①ドキュメントIDに本文を作成したものを代入

②メールの件名記入

③”demo@demo.com”に送信元のメールアドレスを代入(Gmailやエイリアスとして設定しているアドレスのみ可能。)

④スクリプトの実行

function sendEmails() {
 var doc = DocumentApp.openById('ドキュメントID');  // ドキュメントIDには、テンプレートのドキュメントIDを入力します
 var body = doc.getBody().getText();


 var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getSheetByName('シート1');  // Sheet1を対象としています
 var startRow = 2;  // 開始行(ヘッダーを無視)
 var numRows = sheet.getLastRow()-1;  // 行数(ヘッダー行を除く)


 // 列数を指定
 var numCols = 3;


 // データの取得
 var dataRange = sheet.getRange(startRow, 1, numRows, numCols);
 var data = dataRange.getValues();


 for (var i = 0; i < data.length; i++) {
   var row = data[i];
   var emailAddress = row[0];  // 1列目: メールアドレス
   var name = row[1];  // 2列目: 氏名
   var affiliation = row[2];  // 3列目: 所属


   // テンプレートから本文を作成
   var message = body.replace('{所属}', affiliation).replace('{氏名}', name);


  GmailApp.sendEmail(emailAddress, 'メールの件名', message, {
 from: 'demo@demo.com',  // 送信元のメールアドレス
});
} 
}

まとめ

Google Apps Scriptを使用したメール一括送信は、業務効率化のための強力なツールです。この記事で提供した具体的な手順とスクリプトを使用して、タスクを自動化することができます。オペレーションを効率化し、より多くの時間をより価値のある活動に集中しましょう。

GASでファイル名一括取得→一括変更する方法

ブログに戻る