【コピペでEC運営効率化!】Google Apps Scriptでファイル名一括編集

【コピペでEC運営効率化!】Google Apps Scriptでファイル名一括編集

EC運営における効率化の重要性

EC運営において、効率化はマーケティングの幅を拡張し、業務の成長と利益向上に直結します。今回は、Google Apps Script(以下、GAS)を使ってファイル名を一括で編集する方法を紹介します。これにより、手間のかかる作業を効率化し、運営をスムーズに進めることができます。

GAS (Google Apps Script) の紹介

GASは、Googleのオンラインサービス(Google Drive、Google Sheets、Gmailなど)をカスタマイズし、自動化するためのスクリプト言語です。今回は、GASを使ってファイル名を一括で編集する方法を紹介します。まずは、スクリプトを作成し、実行する方法を説明します。その後、具体的な一括編集の例を挙げます。

GASを使ったファイル名一括編集の方法

スクリプトの作成

Googleスプレッドシートを新規作成し、「拡張機能」から「Apps Script」を開きます。

ファイル名の取得

下記コードをコピペします。

「google-drive-ID」にファイル名を一括で取得したいドライブIDを貼り付けます。

IDの取り方はgoogle driveのURL「https://drive.google.com/drive/u/0/folders/〜」以降の〜の部分になります。

function listFileNamesInFolder() {
 var folderId = "your-folder-id";
 var folder = DriveApp.getFolderById(`google-drive-ID`);
 var files = folder.getFiles();
 var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getActiveSheet();
 var rowIndex = 2;
  while (files.hasNext()) {
   var file = files.next();
   var fileName = file.getName();
   sheet.getRange(rowIndex, 1).setValue(fileName);
   rowIndex++;
 }
}

ファイル名変更

先ほどと同じように、+ボタンからスクリプトを選択し、下記コードをコピペします。

「google-drive-ID」に名前を変更するファイルが格納されているフォルダIDを代入します。

function bulkRename() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getActiveSheet();
  var data = sheet.getDataRange().getValues();
  var folderId = 'google-drive-ID';
  var folder = DriveApp.getFolderById(folderId);
  
  for (var i = 0; i < data.length; i++) {
    var oldName = data[i][0];
    var newName = data[i][1];
    
    var files = folder.getFilesByName(oldName);
    while (files.hasNext()) {
      var file = files.next();
      file.setName(newName);
    }
  }
}

スクリプトの実行

上記で作成したスクリプトを①ファイル名取得スクリプト実行(A列に出力)→②変更後のファイル名をスプレッドシートB列に入力→③リネームスクリプト実行の順でファイル名を変更できます。

ファイル一括ダウンロードと合わせて活用することでさらに効率化が図れます。

一括編集の例

商品名を一括編集することでワークフローを効率化できる場合があります。例えば楽天市場「お買い物マラソン」で割引とおまけに関する各キャンペーン画像を挿入するケースがあります。商品画像を一括編集で法則性のある名前(商品管理番号-cp1など)に変更することで、スプレッドシートの検索・置き換えや関数を使用することで細かい作業を一括で行うことができます。マーケティング施策の実行コストを圧縮することで、施策の幅が広がりEC売上アップの確率を高めることができます。

まとめ

EC運営において、効率化は業務の成長と利益向上に直結します。Google Apps Scriptを使ったファイル名一括編集テクニックは、作業効率を大幅に向上させ、運営をスムーズに進めることができます。

また、SEO対策と連携し、検索エンジンからのアクセスを増やすことができます。特に、画像ファイル名の最適化は、画像検索でのランキング向上につながります。

今後もGASを活用し、EC運営の効率化を追求していくことで、さらなる業務改善と競争力の向上が期待できます。ぜひ、Google Apps Scriptを使ったファイル名一括編集テクニックをお試しください。

メール一括送信する方法

ブログに戻る