EC・ ネットショップ 運営代行 外注 サービス

EC・ ネットショップ 運営代行 外注 サービス
Amazon Yahoo 自社 楽天 運営代行 外注

ネットショップ 運営代行 サービス で売上を着実に上げる仕組みを構築いたします。
そしてマーケティングノウハウと共に成長できる仕組みも一緒に継承いたします。

ネットショップ 運営代行 外注 サービスとは?

電子商取引(EC)における一連の業務をECの専門家が代行するサービスのことです。これにより、EC事業者は自社のリソースをより効果的に活用することが可能になります。サービスは大きく次のような要素があります。

  1. 市場調査:業界のトレンド、競合分析、顧客行動の分析など、EC事業を成功させるためのデータ収集と分析
  2. マーケティング戦略立案:市場調査の結果を基に、ビジネスの目標に合わせたマーケティング戦略策定
  3. 運営業務:メルマガ運用、SEO対策、広告運用、SNS運用など各種施策の実行・効果検証
  4. クリエイティブ制作:キャンペーンのビジュアル要素、広告素材、商品ページなど、訴求力のあるクリエイティブの制作
  5. 物流業務:商品の在庫管理から発送、返品対応まで、物流全般の業務の代行

ECビジネスを拡大するためには、豊富なマーケティング知識と実践的なウェブディレクションやデザイン能力を持つスタッフが不可欠です。しかし、このような能力を全て備えたスタッフを採用し、育成するには大量の時間と労力が必要です。それにもかかわらず、退職してしまうケースがしばしば見られます。

そんな課題を解決するために、私たちはネットショップ運営代行・外注サービスを提供しています。これにより、売上を長期的に増大させる運営戦略を提供いたします。

EC運営代行・外注サービスの利用により、EC事業者は専門的な知識やスキルを必要とする業務をプロフェッショナルに委ねることが可能になります。これによって、自社の成長に集中することが可能となり、ビジネスの拡大を実現します。

EC事業における課題・お悩み

リソース不足

スタッフの人手不足や時間不足、資金不足など、必要なリソースが足りないことによる業務遂行の困難。

在庫管理の問題

在庫の適正な管理が難しく、売り切れや在庫過剰といった問題が発生する。

競争の激化

他のEC事業者との競争が激化し、差別化や新規顧客の獲得が難しくなっている。

顧客エンゲージメントの低下

ユーザーの関心を維持し、顧客ロイヤルティを確保するのが困難。

顧客サポートの課題

顧客からの問い合わせ対応やクレーム処理に時間とコストがかかる

テクノロジーの変化に対応する困難

新しい技術やトレンドを追いかけるのが難しく、事業のデジタル化や最新のECツールの導入に課題を感じる。

スキル不足

デジタルマーケティング、データ分析、SEOなどの専門的なスキルや知識が不足している。

配送・物流の問題

商品の迅速かつ正確な配送を実現するのが困難。また、コストの増加や遅延などの物流問題が生じることも。

ネットショップ 運営代行 外注 サービス概要

販促業務(マーケティング)

マーケット分析・競合調査・戦略立案・企画作成・売上分析・効果検証

 

運営業務(オペレーション)

ECモール出店・商品登録/更新/修正・バナーアップ・広告運用・SNS運用・メルマガ配信・アフィリエイト運用・SEO対策・各種コンテンツアップ/改善・APIシステム更新

制作(クリエイティブ)

ECサイト・商品ページ・商品画像・バナー・ウェブサイト/LP・コーディング

物流倉庫/3PL(ロジスティクス)

入庫・保管・在庫管理・受発注・ピッキング・梱包・出荷・返品管理

自社サイト運営代行 shopify makeshop etc

SEO/広告運用/SNS/メルマガ配信/LTV

Amazon運営代行

SEO/広告運用/A+コンテンツ/セール対策/価格戦略

楽天運営代行

SEO/RPP広告/その他広告運用/商品ページ改善/セール・イベント対策/メルマガ配信/価格戦略

yahoo運営代行

SEO/アイテムマッチ/その他広告運用/商品ページ改善/セール・イベント対策/価格戦略

その他モール:zozotown/au pay モール /Qoo10 etc

メリット

デメリット

専門知識
EC運営代行業者はデジタルマーケティング、SEO、データ分析など、ECビジネスに関する専門知識を持っています。そのため、高度な戦略を策定し、最大限の成果を出すことが可能です。
コミュニケーションの課題
自社内部ではなく外部の業者とのコミュニケーションは、理解のずれや誤解を生じやすくする可能性があります。
時間節約
EC運営の日々のタスクを外部の業者に委託することで、自社のスタッフが他の重要な業務に集中することができます。
コスト
初期投資や維持費用が高額になることがあります。また、外注する業務の規模や詳細によっては、自社で運営するよりもコストがかかる場合があります。
コスト削減
自社でスタッフを雇用し、訓練するコストを抑えることができます。また、物流や在庫管理の効率化により、コストを削減することが可能です。
ノウハウ蓄積
EC運営代行業者に業務を外注すると、一部の業務のノウハウが自社内に蓄積されにくくなる可能性があります。そのため、将来的に業務を自社内に戻すとなった場合、スキルや知識が不足していることが問題になることがあります。
安定した運営
物流や顧客対応など、一部の業務が急激に増えた場合でも、EC運営代行業者が安定したサービスを提供します。
人材育成
自社で業務を遂行することにより、スタッフは様々なスキルを磨くことができ、自社の資産となります。一方で、業務を外部に委託すると、このような人材育成の機会を失う可能性もあります。

EC運営代行会社の選び方

EC運営代行業者のタイプ

自社サイト/D2C運営代行型

ブランドや企業が直接消費者との関係を深めるための手法を得意とします。ECサイトの構築、商品管理、マーケティング、顧客サポートまで、あらゆる運営タスクを一手に引き受けます。自社ブランドの確立や顧客データの収集に強みがあります。

Amazon運営代行型

Amazonは世界最大のECプラットフォームで、商品の露出度や売り上げ増大の機会を大いに提供します。効率的な広告運用に強みがあります。

楽天運営代行型

日本国内で広く利用されている楽天市場は、さまざまな業種の商品が揃っており、顧客基盤が広いです。SEO、セール・イベント対策に強みがあります。

Yahooショッピング運営代行型

Yahooショッピングは信頼性と利便性が強みのプラットフォームで、多様な消費者にアクセスできます。SEO、効率的なアイテムマッチに強みがあります。

EC運営代行業者選びのポイント

  1. ビジネスの規模とニーズ:ECの規模や目的、必要な機能により、適切なEC運営代行業者が変わることがあります。例えば、小規模ビジネスや新規ビジネスでは、手間が少なく始められるAmazonやYahooを選ぶと良いかもしれません。一方、既に顧客基盤があり、自社ブランドを強化したい場合は自社サイト/D2C運営代行が適しています。大規模なECであれば、楽天のような広範囲の消費者にアクセスできるプラットフォームが適しています。
  2. サービスの範囲と品質:事業者が提供するサービスの範囲や品質も重要な選択基準です。商品の出品から顧客対応まで、全てをカバーする全面的なサービスを提供しているか、またそれらのサービスがどの程度の品質で提供されているかを確認する必要があります。
  3. サポート体制:EC運営は24時間365日続くもので、問題が発生した際には迅速な対応が求められます。そのため、適切なサポート体制を持つEC運営代行業者を選ぶことが重要です。

当社の ネットショップ 運営代行 外注 サービスの強み

常に改善・常に前進

実際に競争に晒される市場の中で多くの企業は商売に「勝ち」と「負け」を見出そうとしています(無限のゲーム理論)。 それは本来根本的に間違っており、ネットショップ 運営代行 サービスでは「前進」するか「後退」するかにフォーカスして売上を伸ばしていきます。

緻密なコミュニケーション

施策を打つとき、キャンペーンをローンチする時、問題が起きた時・・・どのような状況下でもコミュニケーションを図り足並みを揃えて前進するということを心がけていきます。

 

SPEED and ACCURACY(スピードと正確性)

常に変化する市場の中では、過去の成功事例は陳腐化することがよくあります。そして新しいことを始めるためには正確性とスピードを重視してサポートいたします。


実際にどのように上げているのか

分析に時間をかけ貴社の課題を発見

当社は分析に力と時間をかけております。ネットショップ 運営代行 では売上を最大化するために必要な課題を洗い出します。

目標を設定し、ロードマップとアクションプランを作成

売上目標を設定し、それに基づいたアクションを実装していきます。

売上を最大化できるタイミングで施策を集中投下していきます。

当社で分析した売上の波動を元に売上を最大化させるために、上がりやすいタイミングで一気に実装します。

当社実績

モール系年間売上TOP受賞 8社
売上毎年150%アップ継続中
当社クライアント最高月商:5億円
ブログに戻る